トリバゴ ホテル検索 比較

私は何回世界を渡り歩いたことでしょうか。

この10年余りのインターネットの普及は世界の構図をすっかり変えてしまいました。

私はかなり若い頃から世界を旅してきました。まだまだネットが一般的でなかった時代、見知らぬ街に降り立って、駅の案内所に駆け込むなんてこともよくありました。

駅に着いたのが夜遅くなんてことになったらもう大変です。案内所も閉まってるなんてことも当たり前、、、。結局駅に寝るか、公園で野宿したことも、、。

情報源がそれほどなかった時代はそれしか手がなかったんですね。つい10年ほど前まではWiFiもどこにでもあるというわけではありませんでした。

旅行先で自分の携帯を見るなんてことも夢のまた夢、、。携帯にしても、いわゆるガラ系というんでしょうか。そう簡単にメールや、地図を見ることもできなかったんですね。

iPhoneができてちょうど10年。今はまさに画期的な転換期に生きているんですね。この10年で大きくなった人は、それが当たり前のようになっているので気がついていないと思うのですが、、。現代社会はそれはそれは便利な世の中になったということです。

ネットで宿泊施設がいつでも検索できるなんて、、、、、夢のような話だったんですね。それが今は夢じゃないんです。

ただの検索じゃなくて、いくつものサイトが比較できるなんて。まさに未来の道具ですね。

ホテルを探すなら:<ホテル予約トリバゴ.com

英会話 仕事

英会話と仕事って現代社会じゃ切っても切り離せない関係になってきましたね。

これだけグローバル化が進んでくると、英語の占める役割というのはますます大きくなってくるでしょう。これは間違いないです。

裕福な家庭の人たちは自分たちの子供たちをインターナショナルスクールなどに通わす傾向があります。国内だけじゃなくてアメリカやカナダ、オーストラリア、イギリス、スイスなどに子供の時代から留学させるケースなども多々あります。

でもこれってとんでもないお金がかかるんですね。日本のインターナショナルスクールにしても年に250万以上はかかるでしょう。たとえ家から通ったとしても普通の家庭の財布からは出すことのできない金額です。

海外となると天文学的な金額になります。授業料、宿泊費、交通費などなど、年間5〜600万は当たり前ですね。あるスイスのインターナショナルスクールなどは軽く1000万を超してしまいます。

こんなことができるのは日本のほんの一握りの人達だけですね。

親が裕福で、このようなところに送ってもらえればそれはいいでしょうが、日本にいても、普通の環境でも英語をマスターすることは可能です。不可能ではないんです。

もちろん英語環境で育つわけではないので、ネイティブというのは無理でしょうが、相当なレベルまで到達できることは歴史が証明しています。

参考資料:<英会話短期集中.com

人によって勘の鋭い人、鈍い人というのはあると思います。自然と発音を真似ることのできる人、できない人というのもあると思います。

でも私の周りにもほとんどネイティブと遜色ないレベルの人も結構いるんですね。インターナショナルスクールで育った人間はどうしても日本語がおろそかになります。これは仕方のない現象です。

そういう意味では日本語がある意味完璧というのは逆に大きなアドバンテージなのです。

世界の果て!

地球は本当に小さくなりました。

数百年前なら地球の反対側に行くなんて夢のまた夢だったでしょう、、、。

数十年前でも、太平洋を横断するだけでも、船で数週間もかかったでしょうに。

それがどうでしょうか、、半日飛行機の中で辛抱すれば地球の反対側に行けるのです。これがどれだけ画期的なことか、、。

あまり現代の人間はこんなことは考えないとは思いますが、、。

 

インターネットの普及は現代社会を根底から覆しました。

ほんの数十年前でも海外に行くというのは大変なことだったのではないでしょうか。

現代であれば、海外に行ってもどこでも簡単に実家に写真やメールを送ることができます。無料で顔を見ながら電話をすることだって簡単です。

wifiがあるところを探すのは、現代社会にとって我々誰しも海外でする最初の行動でしょう。

 

スマホ一つあればどこに行っても同じような生活ができるという現実。これは奇跡としか言いようがありませんね。

私は結構海外を渡り歩いてきましたが、このような時代がこんなに急に来るとは全く想像もできませんでした。

スマホでいつでも現在位置を確認し、宿泊するホテルへのルートも簡単に画面で確認する、、、。こんなことが自由にできるようになるなんて。。

全く想像もできませんでしたね。

これから、ますます技術の進歩は速度を増してくるでしょう。

この地球はどこまで行くんでしょうね?