英会話 仕事

英会話と仕事って現代社会じゃ切っても切り離せない関係になってきましたね。

これだけグローバル化が進んでくると、英語の占める役割というのはますます大きくなってくるでしょう。これは間違いないです。

裕福な家庭の人たちは自分たちの子供たちをインターナショナルスクールなどに通わす傾向があります。国内だけじゃなくてアメリカやカナダ、オーストラリア、イギリス、スイスなどに子供の時代から留学させるケースなども多々あります。

でもこれってとんでもないお金がかかるんですね。日本のインターナショナルスクールにしても年に250万以上はかかるでしょう。たとえ家から通ったとしても普通の家庭の財布からは出すことのできない金額です。

海外となると天文学的な金額になります。授業料、宿泊費、交通費などなど、年間5〜600万は当たり前ですね。あるスイスのインターナショナルスクールなどは軽く1000万を超してしまいます。

こんなことができるのは日本のほんの一握りの人達だけですね。

親が裕福で、このようなところに送ってもらえればそれはいいでしょうが、日本にいても、普通の環境でも英語をマスターすることは可能です。不可能ではないんです。

もちろん英語環境で育つわけではないので、ネイティブというのは無理でしょうが、相当なレベルまで到達できることは歴史が証明しています。

参考資料:<英会話短期集中.com

人によって勘の鋭い人、鈍い人というのはあると思います。自然と発音を真似ることのできる人、できない人というのもあると思います。

でも私の周りにもほとんどネイティブと遜色ないレベルの人も結構いるんですね。インターナショナルスクールで育った人間はどうしても日本語がおろそかになります。これは仕方のない現象です。

そういう意味では日本語がある意味完璧というのは逆に大きなアドバンテージなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です